講演会のご案内

今後の例会一覧

今後の例会予定一覧です。

イタリア研究会では毎月例会を開催し、イタリア関連の講演を行っています。

会員の参加費は無料です。

★☆★☆★イタリア研究会第4回オンライン講演会のご案内 ★☆★☆★ 

・日時:721日(火)2030~2200JST 質疑応答含む)     

・ビデオ会議システム:Google Meet

・講師:吉川隆弘氏(ピアニスト ミラノ在住)

講師略歴:兵庫県西宮市出身。東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了後1999年よりイタリア・ミラノ在住。2000年~2002年にミラノ・スカラ座アカデミーで学び、イタリアの4つの国際コンクールに優勝。ミラノ・スカラ座での演奏を多数行ない、2015年3月にはスカラ座管弦楽団首席クラリネット奏者

ファブリツィオ・メローニとのCD「Vif et Rythmique」が、ドイツ・グラモフォンより発売される。

イプシロン・インターナショナルよりベートーヴェン、ドビュッシー、シューマン、リストの CDを

発売。レコード芸術誌上で特選盤となるなど高評を得ている。2019年11月「TAKAHIRO YOSHIKAWA -WOLFGANG AMADEUS MOZART」を発売開始。 同月ミラノ・スカラ座のバレエ公演 PeNte mort にてモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏(8公演)。イタリア国営放送RAI(TV,Radio)やCorriere della sera、La Repubblicaなどイタリアの有力なメディアにも度々取り上げられ、高く評価されている。

・演題:生誕100周年の孤高のピアニスト アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリの芸術

概要:1920年ブレーシアに生まれ、1995年に他界した偉大なピアニスト、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリは、イタリアのみならず、20世紀を代表するピアニストの1人で、マウリツィオ・ポリーニやマルタ・アルゲリッチも彼の指導を受けています。

徹底的に磨かれた音色と、完璧主義者とまで称された厳しい自己鍛錬、楽器へのこだわり、スタイリッシュかつ個性的な彼の芸術は、没後25年を経た今も、全世界の音楽ファンを魅了し続けています。

私は日本の大学での勉強を終えたのち、ベネデッティ・ミケランジェリの愛弟子に師事するために1999年にミラノに渡り、現在に至るまでイタリアの多くの演奏家と共演してきました。これまでに実

感した音楽におけるイタリアらしさ、所謂"italianità"の典型の一つとして、彼のいくつかの演奏をご紹介しながら、皆様と今一度私が魅了され希求してきたベネデッティ・ミケランジェリの芸術と20年以上にわたるミラノでの音楽家としての活動を振り返りたいと思います。

・参加費:会員・非会員ともに無料

  事前に申し込みフォームからの申し込みが必要です。

・お申し込みはこちらから:https://forms.gle/KFb2twY6goqbjwiQ6

・お申し込み〆切:720日(月)18:00

  但し定員に達した際は予告なく受付を終了します。

・お問い合わせ先:administrator@itaken.page 

フォームの中に記載するところがございますが、初めてご参加の方、Google Meet

 初めて使うという方は是非「接続テスト」にご参加ください。

フォームご入力の最後で「回答を自分に送信」すれば申し込んだという確認の自動メール

 が届きます。また後日ご自分で入力内容の編集、変更が可能です。

 Gmailをお使いでない方は、一度ご入力いただき1項目のみ変更したいという場合は、

 管理人アドレスに変更点をご連絡ください。administrator@itaken.page 

 

イタリア研究会オンライン講演会担当:岡田・佐藤

 

イタリア研究会会員の皆さま

 

新型コロナウイルス感染症により全国に緊急事態宣言が出されましたが、まだ新規患者数は増加を続けており、終息がいつになるか見通せない状況です。イタリア研究会では3月と4月の例会を中止としましたが、一体いつ再開されるのかとやきもきされている方も多いと思います。

そこで先日開催されたネットを用いた運営委員会で、8月までの例会は中止、夏のパーティーは行わないと決定いたしました。ご了解下さい。

 

年次総会につきましては、開催時期を含め改めて連絡を差し上げます。

9月以降も不透明ですが、もし開催可能となった場合には、通常の年会費ではなく、半年分の4000円を徴収する予定です。それまでは年会費の振り込みをされませんよう、よろしくお願い申し上げます。

 

またさらに集会の自粛が続いた場合の対応として、ネットを用いた例会に切り替えることも考えています。適切なソフトを用いれば、講師による講演はもちろん、質疑応答も可能ですので、ひとつの方策として、運営委員会で検討を進めて行きたいと考えています。

 

先の見通せない不安な世の中ですが、それぞれが予防措置をきちんと行い、新型コロナウイルス感染症に罹らないように気を付けて、また例会でお目にかかれる日を楽しみに、日々を過ごして行きたい

と思います。会員の皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

 

イタリア研究会運営委員会代表・橋都浩平

運営委員一同

 

イタリア研究会4月例会中止のお知らせ 


中国で始まった新型コロナウイルス感染症は、あっという間に世界中に拡がり、とくにヨーロッパにおいて猛威を振るっています。イタリアで毎日何人もの方がなくなり、医療関係者にも犠牲者が出ている事に、イタリア研究会としても心を痛めています。日本の現状はまだそれ程ではありませんが、これから同じように流行が拡大する可能性があり、現在は重要な時期と思います。そのためにはできるだけ感染のリスクとなる行動は控えるべきであり、イタリア研究会例会も3月に続き4月例会も中止することにしました。
本当に残念ですが、これは社会のためでもあり、会員の皆さまのためでもあると考えております。皆さまとともに、このパンデミックの一日でも早い終息を祈りたいと思います。

 

橋都浩平 イタリア研究会・運営委員会代表

 

 

 

例会については、どなたでも参加できます。

特別に事前申し込みの必要を明示している場合を除いて、通常は事前の参加申し込みの必要はありませんが、会員以外の方は、会場の受付でそのことを申し出てください。

<例会参加費>

・会員:無料

・一般:2,000円

・学生:500円

 

<例会会場>

 詳細はリンクからご覧下さい。