不変にして、定まらず—“アッズーリ”の源流(概要)

12月例会第1回(462回) 

・日時:2018年12月7日 (金) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:伊藤亜紀氏 (いとうあき)

 略歴:1967年千葉県生まれ。1999年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了。博士(人文科学)。現在、国際基督教大学教養学部教授。専門はイタリア服飾史と色彩象徴論。

【著書】『色彩の回廊──ルネサンス文芸における服飾表象について』(ありな書房、2002年)、『青を着る人びと』(東信堂、2016年)など。

【訳書】ドレッタ・ダヴァンツォ=ポーリ監修『糸の箱舟 ヨーロッパの刺繍とレースの動物紋』(悠書館、2012年(共訳))、『イタリア・モード小史』(知泉書館、2014年(共訳))など。

・演題:不変にして、定まらず──「アッズーリ」の源流

 概要:いまや、日本のマスコミにもすっかり定着した感のある、サッカーをはじめとするすべての競技のイタリア・ナショナル・チームの通称「アッズーリ(Azzurri)」。しかしイタリア人は、この青という色を、古くから熱烈に愛してきたわけではなく、むしろ15世紀以前は明らかに敬遠していた。中世末期からバロック期の初めにかけて、彼らの青に対するイメージはどのように変化し、そして何処へ辿り着いたのかを、「誠実」「フランス」「卑賤」「不実」「嫉妬」という5つのキーワードで読み解く。(伊藤)

 

イタリア研究会第462回例会が開かれました。演題名は「不変にして、定まらず—“アッズーリ”の源流」、講師は国際基督教大学教養学部教授の伊藤亜紀さんでした。

われわれイタリア好きはアッズーリと聞くと、反射的にサッカーのイタリア・ナショナルチームを思い出しますが、じつは他のスポーツ、自転車競技、バレーボール、新体操などでも同じ色のユニフォームが使われています。そうすると、アッズーリ(青)が古くから勇気や勝利のシンボルとして使われてきたと考えたくなりますが、決してそうではありません。

そもそも青はむしろフランス王家の色と認識され、フランスという国家を代表する色でもありました。フランス王家の紋章は青地に金の百合(アイリス)で、この青は聖母から来ていると考えられます。なぜ青が聖母の色となったかというと、青空こそ聖母にふさわしいという理由の他に、ヨーロッパでは青の顔料となるラピスラズリ(ウルトラマリン)が黄金並に高価であったため、高貴な色と考えられるようになったという理由があります。それでは青が常にポジティブな意味を担っていたかというと、そうではなく不実を表す色として使われている文学作品も存在します。また鮮やかな青は別として、少なくともくすんだ青は庶民の用いる卑賤な色とも考えられていました。それは布地を藍色に染色するために用いられていたタイセイという植物が非常に安価でもっぱら庶民の衣服に用いられ、しかも発酵させる時に悪臭を放つ事によります。

一方、イタリアでは青が上流階級で用いられる事は少なく、北イタリアのいわばフランスかぶれの貴族たちに用いられていました。フィレンツェを含む中部イタリアでは、赤が高貴な色と考えられていました。そして青は嫉妬の象徴とされていたのです。その理由はいささか後付け的ではありますが、波の動きが決して静まる事がないように、不信の心も決して静まる事がないからだというのです。このように歴史的に見てみると青という色は、きわめて両義的な扱いを受けており、単純に勇気や勝利のシンボルとは言えない事が分かるかと思います。

伊藤先生、たいへん興味深いお話をありがとうございました。(橋都)

ロッシーニの芸術とその特質~没後150年を記念して (概要)

11月例会(461回) 

・日時:2018年11月6日 (火) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:水谷彰良氏(日本ロッシーニ協会会長) 

 略歴:水谷彰良(みずたに あきら)1957年東京生まれ。音楽・オペラ研究家。日本ロッシーニ協会会長。フェリス女学院大学オープンカレッジ講師。オペラやコンサートのプログラム、CD・DVD解説、翻訳、エッセイなどを多数執筆し、『レコード芸術』(音楽之友社)、『モーストリー・クラシック』(産経新聞社)等に定期寄稿。『サリエーリ』で第27回マルコ・ポーロ賞を受賞。多数の論考を日本ロッシーニ協会のホームページに掲載。https://www.akira-rossiniana.org/

【著書】『ロッシーニと料理』(透土社、1993/2000年)、『プリマ・ドンナの歴史』(全2巻。東京書籍、1998年)、『消えたオペラ譜』(音楽之友社、2003年)、『サリエーリ』(同前、2004年)、『イタリア・オペラ史』(同前、2006年)、『新 イタリア・オペラ史』(同前、2015年)、『セビーリャの理髪師 名作を究める十の扉』(水声社、2017年) 

 【共著】『新編 音楽中辞典』(音楽之友社、2002年)、『新編 音楽小辞典』(同前、2004年)、『ジェンダー史叢書・第4巻 視覚表象と音楽』(明石書店、2010年)、『ローマ 外国人芸術家たちの都(西洋近代の都市と芸術 第1巻)』(竹林舎、2013年)ほか多数。

・演題:ロッシーニの芸術とその特質~没後150年を記念して 

 

 概要:昨年11月、イタリア上院議会はロッシーニ没後150年を祝う特別法案を可決し、2018年を“ロッシーニ年”と宣言しました。ユネスコもロッシーニ生誕の地ペーザロを“音楽の創造都市”に認定しています(同年10月)。日本ではウィリアム・テル序曲の作曲者、トリュフとフォアグラを乗せたステーキの考案者として記憶されるロッシーニですが、研究者の間ではモンテヴェルディやモーツァルトと並ぶ天才との評価が定着しています。この講演では、法案に記された“人類の偉大な価値、自由、愛、生と死の意味、大いなる人間の情熱を普遍的言語の音楽で独創的かつ無類の力で表現した偉人”ロッシーニの芸術とその特質を、上演映像を交えてお話します。(水谷)

 

 イタリア研究会第461回例会はロッシーニに関する演題でした。じつは今年はロッシーニ没後150周年にあたり、ロッシーニ・イヤーと定められています。しかし日本でのロッシーニの評価は低く、「ウィリアムテル序曲」「セビーリャの理髪師」の作曲家、「グルメ」で片付けられてしまいがちです。

講師の日本ロッシーニ協会会長の水谷彰良さんは、ロッシーニをモンテヴェルディ、モーツァルトに並ぶ3大オペラ作曲家と位置づけて、彼の真価を知ってもらうために奮闘を続けています。一時は世界中で人気を誇った彼のオペラが上演されなくなってしまったことにはいくつかの原因がありますが、彼が生涯半ばでオペラ作曲の筆を折ってしまったこと、彼のオペラは歌手に超絶技巧を要求し、それを担うべき歌手が少なくなってしまったこと、彼の本当の真価はオペラ・セーリアにあるにもかかわらず、初期のオペラ・ブッファがもてはやされて偏った評価しかされなかったこと、舞台上にブラスバンドを配置するなど、上演に人員とお金を要したこと、などが上げられます。彼がオペラを作らなくなった原因の第一は、フランスの7月革命にあったという事です。革命で打倒された前王朝とのオペラ作曲の契約、前王朝から受け取っていた年金問題などによってロッシーニが身動きを取れなくなったというのが真相のようです。

彼の真価が表れていながら、日本ではほとんど上演されることがないロッシーニのオペラ・セーリアのいくつかをDVDで鑑賞することができましたが、「オテッロ」「湖の女(湖上の美人)」「マオメット2世」「ギヨーム・テル(ウィリアムテル)」の音楽性とドラマ性は本当に素晴らしく鳥肌物でした。また彼はヴェルディに先がけて自由主義、反権力、イタリア独立運動に共感して、それを暗喩するリソルジメント・オペラと呼ぶべき作品群を残しています。この点においても評価が十分でないのは残念なことです。いずれにしても充実したレジメと映像、お話により、参加者のロッシーニ観が僕を含めてまったく変わってしまったのではないでしょうか。日本で彼のオペラ、とくにオペラ・セーリアが上演されるようになることを祈りたいと思います。水谷彰良さん、ありがとうございました。(橋都浩平)

長沼守敬研究の成果と課題:新発見の作品を中心に(概要)

10月例会(460回) 

・日時:2018年10月8日 (月) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:石井 元章氏 (大阪芸術大学教授)

略歴:石井元章(いしいもとあき)

1957年群馬県生まれ。1983年東京大学法学部卒業、1987年東京大学文学部イタリア語イタリア文学科卒業。1997年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了(文学博士)。2001年ピサ高等師範学校大学院文哲学コース修了(文学博士)。現在大阪芸術大学教授。専門はルネサンス期イタリア彫刻、明治期日伊交流史。

著書:『ヴェネツィアと日本 -美術をめぐる交流』ブリュッケ、東京 1999年;

『ルネサンスの彫刻 15・16世紀のイタリア』ブリュッケ、東京 2001年、2007年;

Venezia e il Giappone - Studi sugli scambi culturali nella seconda metà dell’Ottocento, Istituto Nazionale di Archeologia e Storia dell’Arte, Roma 2004年;『明治期のイタリア留学 文化受容と語学習得』吉川弘文館、東京2017年

主要論文:「アントーニオ・ロンバルドの古代受容」『美術史』141(1996)、pp.92-118;"Antonio Lombardo e l'antico: qualche riflessione", Arte Veneta, 51(1998), pp.6-19;「ミケランジェロの古代受容」『藝術文化研究』10(2006.3)pp.115-152;「啓示としての洗礼 トゥッリオ・ロンバルド作《ヴェネツィア総督ジョヴァンニ・モチェニーゴ記念碑》に関する一考察」『西洋美術研究』13(2007.7), pp.229-248;“Battesimo come Illuminazione - Qualche riflessione sul monumento del doge Giovanni Mocenigo di Tullio Lombardo”, a cura di Matteo Ceriana, Tullio Lombardo – scultore e architetto nella Venezia del Rinascimento Atti del Convegno di studi, 

Venezia, Fondazione Giorgio Cini, 4-6 aprile 2006, Cierre, Verona 2007.10, pp. 99-115;“La metamorfosi d’ippocampo: l’antico in Antonio Lombardo e in Jacopo Alari-Bonacolsi detto l’Antico”, a cura di Victoria Avery e Matteo Ceriana, L’Industria artistica del bronzo del 

Rinascimento a Venezia e nell’Italia settentrionale, Atti del Convegno Internazionale di Studi, (23-24 ottobre 2007), Scripta edizioni, Verona 2009.12, pp.135-156;「海馬の変容 古代、アンティーコとアントニオ・ロンバルド」『美術史』168 (2010.3), pp.308-322;「ヴェネツィア共和国における彫刻の変遷」『芸術』38 (2015.12), pp. 29 - 37など。

・演題:長沼守敬研究の成果と課題  新発見の作品を中心に

 

 概要:『明治期のイタリア留学』では主だった4人を中心に1880年代にイタリアに留学した日本人留学生に焦点を当てた。その中で川村清雄に関しては、2年か3年後にヴェネツィア近代美術館と日本で本研究に基づいた展覧会を開催することがほぼ決まった。また、長沼守敬についてはその後の調査研究で新たな作品が18点見つかり、現在モノグラフを現在執筆中である。今回は最近の研究で明らかになった点や、新発見の長沼作品について、それを紹介すると共に、発見の経緯などについてもお話したい。(石井)

 

 第460回例会が開かれました。講師は大阪芸術大学教授の石井元章さん、演題名は「長沼守敬研究の成果と課題:新発見の作品を中心に」でした。

石井さんはもともとルネサンス期イタリア彫刻の研究がご専門ですが、最近は明治期にイタリアに留学した留学生たちの研究にも力を入れています。昨年は「明治期のイタリア留学:文化受容と語学習得」という本を出版されましたが、その中の一つの章を彫刻家の長沼守敬に充てています。石井さんは、長沼の研究を続けてきた方の高齢化、長沼の子孫が亡くなるなどの出来事に刺激され、彼の業績を保存し顕彰することを最重要なテーマとして研究を続けています。今回は前回の出版以降の研究の進展について話をされました。

長沼は岩手の出身で、イタリアに渡ったのは芸術を勉強するためではなく、イタリア語を身につけるためでした。ところが他の留学生たちに刺激を受け、あえて彫刻を学ぶことにしたのです。ですから何の修練も受けてはいなかったのだと思いますが、才能があったのでしょう、ヴェネツィア美術院の秘書官が特別に彼の名前を挙げて賞賛するほどの技量を示したのです。当時の作品のほとんどは写真が残っているだけですが、彼の驚くべき才能を示しています。彼は留学中には塑像だけではなく彫像も制作していましたが、日本には大理石がないため、帰国後にはもっぱら塑像だけを制作しています。彼の作品の同定がむつかしいのは、青銅彫刻は、鋳造する技師や台座の製作者との共同作品と考えられていたためと、長沼の控え目な性格とから、ほとんどの作品に彼の署名が入っていないことです。石井さんは、彫刻の注文を出した機関の文書に直接当たるなどの苦労を重ねて、彼の作品の同定を進めてきました。しかし、残念ながら戦争中に供出された作品も少なくないということです。

最大の発見は、台湾の鉄道建設の父・長谷川謹介座像(長沼の呼び方では腰掛像)の石膏原型の発見です。これは長沼の弟子であった和田嘉平治が戦争中に空襲を避けるため、東京から故郷の足利までリアカーでみずから運搬し、実家の蔵の中にこれまで保存されていたという感動的なエピソードに彩られていますい。彼の作品の価値がどれだけ高く評価され、彼が弟子にどれだけ愛されていたかを示すエピソードでしょう。

石井さん、未発表のデータを含む貴重なお話をありがとうございました。(橋都)

 

ルネサンスと古代ギリシャ彫刻 — 「ミケランジェロと理想の身体」展を見ながら (概要)

9月例会(459回) 

・日時:2018年9月3日 (月) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:飯塚 隆氏 (国立西洋美術館 主任研究員)

略歴:東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学、現在、国立西洋美術館主任研究員

専門は古代ギリシャ・ローマ考古学・美術史

国立西洋美術館での担当展覧会は、「大英博物館 古代ギリシャ展」(2011年)、「橋本コレクション 指輪展」(2014年)、「黄金伝説展」(2015年)

・演題:ルネサンスと古代ギリシャ彫刻 — 「ミケランジェロと理想の身体」展を見ながら

 

概要:現在国立西洋美術館で開催中の「ミケランジェロと理想の身体展」の出品作品を通して、ルネサンス美術が古代ギリシャ彫刻をどのように受容したのかを見ていきます。古代ギリシャ彫刻の様式の変遷に着目しつつ、いかにしてミケランジェロが古代彫刻のエッセンスを把握し、独自の表現を生み出しているのかを考えます。(飯塚)

 

 9月3日に開催された「イタリア研究会9月例会(第459回)」の報告です。

講師は国立西洋美術館主任研究員で古代ギリシャ・ローマ考古学・美術史がご専門の飯塚隆先生、現在(今月24日まで)国立西洋美術館で開催中の「ミケランジェロと理想の身体展」に因み、「ルネサンスと古代ギリシャ彫刻―“ミケランジェロと理想の身体展”―を見ながら」との演題でご講演を頂きました。冒頭の「今日は写真を沢山用意して来たので、耳で話を聴くよりも目で楽しんで下さい」とのお言葉通り、持ち時間(1時間半)の間を通して灯りを消し、終始スライドを駆使してのご講演となりました。先ず最初に取り上げられたのが1506年ローマで発見されたラオコーン像(ラオコーンはトロイアの王子でアポロンの神官。トロイア戦争の際木馬搬入に反対したため、アテナが送った2匹の大蛇に息子二人と共に絞め殺された。バチカン美術館蔵)。発掘にはミケランジェロも立ち会ったと言われているが、この古代彫刻の傑作は31歳だったミケランジェロを始めとするルネッサンスの芸術家に計り知れぬ衝撃を与えた。今回の展覧会にはヴィンチェンツォ・デ・ロッシによるラオコーンの大理石像(1584年頃、高さ約2m)と共にマルコ・ダ・ラヴェンナによるオリジナル作品の素描も展示されている。

次いでミケランジェロを頂点とするルネサンス美術の源である古代ギリシャ・ローマの彫刻について詳しく触れられた。ここでは男性美に大いに注目する必要があるが、それは古代ギリシャでは人体の理想像は男性の裸体彫刻を通して表現されたからである。今回の展覧会ではアスリートと戦士、子供と青年などの切り口で、古代ギリシャ・ローマとルネサンスに追求された男性美、理想の身体が紹介されている。ミケランジェロは彫刻、絵画、建築夫々の分野でずば抜けて優れた作品を残しているが、彼自身は自らを彫刻家と呼んだ。彼は当時から天才として欧州中に名を轟かせていたが、古代ギリシャ・ローマの伝統を吸収し、肉感ある「動き」と感情表現を取り入れたミケランジェロ独自の様式は、古代から追求されて来た「理想の身体」の到達点として多くの芸術家に影響を与えている。

今回の展覧会には世界に40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻から傑作2点が初来日している。一点は「力強さと気品、躍動感と安らぎ、清らかさと色香」と紹介されている<ダヴィデ=アポロ>像(1530年頃。フィレンツエ・バルジェッロ国立美術館蔵)、もう一点は「幼さを残しながらも大人への成熟を予感させる肉体の生命力」と紹介されている<若き洗礼者ヨハネ>像(1495~96年スペイン「エルサルバドル聖堂財団法人」蔵)。こちらの作品は1930年代のスペイン内戦によって大きな被害を受けたが(“僅か14の石片”になってしまった言う)、その後の長く粘り強い修復の結果蘇ったものである。これら二つの作品は嘗てローマの同一人物が所有していたが、その後別れ別れとなり今回500年振りに国立西洋美術館で再会を果たした由。この2点の傑作に関し飯塚先生は様々な角度からの写真を用いて、その表情や容姿から発信されている美と情緒の「視点による微妙な違い」を詳しく解説されました。ご講演後は会場からの質問が多数出され時間切れになる程で、本展に対する出席者の関心の高さを伺わせました。極めて緻密かつ明快な構成の下ミケランジェロを始めとする最高の傑作を一同に招集し、企画された今回の「ミケランジェロと理想の身体」展は9月24日まで開催されています。飯塚先生からは皆さんに「この滅多にない機会に出来るだけ多くの方々に観て頂きたい」とのたってのご希望がありました。

飯塚先生、中身の濃い素晴らしいご講演どうも有難うございました。(猪瀬威雄)

アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)とルチャーノ・ファブロの作品について(概要)

8月例会(458回) 

・日時:2018年8月10日 (金) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:駒形 克哉氏 (造形作家)

 略歴:駒形 克哉 KOMAGATA Katsuya 美術作家。1959年東京生まれ。1985年多摩美術大学芸術学科卒業、1985年伊政府給費留学生と してミラノ・ブレラ美術学院絵画科、ルチアーノ・ファブロ教室留学,1990年卒業、2005年文化 庁芸術家研修員としてローマ大学留学。切り紙細工、テンペラ画、銅版画、オブジェ、インスタレーションなど。

【主な展覧会(2000年~)】2001「エターナルホワイト」展、ローマ日本文化会館(イタリア)、2005「グローバル・プレイヤーズ」横浜BankART1929,2006「グローバル・プレイヤーズ」ルートヴィヒ・フォーラム美術館、アーヒェン、ドイツ、2008「HYPNEROTOMACHIA」なびす画廊(東京) 、「DOMANI・明日」展2008(文化庁主催)国立新美術館(東京)「TOKYO LOCAL」展 香染美術( 東京- 以後'09,10)、2012「キラリユラリヒカリ展」多摩美術大学(東京)、2014「版画天国」なびす画廊(東京)、2015 東京国際ミニプリント・トリエンナーレ2015 多摩美術大学美術館(美術館賞受賞)2016 年「80's 展- 享楽と根源」+Y Gallery(大阪)、「版画天国」なびす画廊(東京)、 2017「駒形克哉旧作展」HIGURE(東京) 2018 アートフェア「AiPHT2018」(東京/+Y Galleryより出品)

・演題:アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)とルチャーノ・ファブロの作品について

 

   概要:1967年に、イタリアで始まったアルテポーヴェラ(貧しい芸術)という芸術運動と、そのなかの代表的な一人の芸術家ルチャーノ・ファブロに焦点をあてて簡単に解説したいと思います。(駒形)

 

イタリア研究会第458回例会が開かれました。講師は2度に亘るイタリア留学体験を持つ美術作家の駒形克哉さん、演題名は「アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)とルチャーノ・ファブロの作品について」でした。

アルテ・ポーヴェラとは1967年にイタリアのジェノヴァで始まった芸術運動で、表現の複雑さを拒絶し、概念と体験とを一致させることを目指す結果として、技法は限りなく無に近づき、「もの」それ自体を提示することになります。その代表的な作家であり、駒形さんの留学先の教室の教授であったルチャーノ・ファブロが第1回のアルテ・ポーヴェラ展に提出した「作品」は、「もの」ですらなく、画廊の入口の床を磨き上げ、その部分を新聞紙でカバーするという「行為」だったそうです。別の作家ですが、画廊に生きた馬12頭を連れ込んで、観客に馬の存在をその排泄物の臭いも含めて体験させるという「作品」もあったそうです。

しかしファブロの作品もそのキャリアの中で変化を見せ、後期には自分自身の死を意識した彫刻作品や、イタリアの国土の模型を処刑されたごとく吊した作品、チェルノブイリに啓発された理性への疑問を感じさせる作品なども作成しています。しかし一貫しているのは空間に対する意識、死と生に対する感受性で、駒形さんは彼の作品には、イコンや洗礼といったカトリック信仰と繋がるものを感じると指摘していました。このアルテ・ポーヴェラは日本の美術作家たちにも大きな影響を与え、イタリアでも再評価され、最近も回顧展が行われているということです。講演後の質問では、アルテ・ポーヴェラの作家たちとルーチョ・フォンタナとの関係を問うものから、これらの作品のどこに美があるのかという率直なものまで、大いに盛り上がりました。駒形さん、ありがとうございました。(橋都)

 

講演会レポート

過去の講演の内容は、記録があり、講演者の承諾が得られている場合のみ、掲載します。