2018年 講演会レポート

記録を守り、記憶を伝えるイタリア(概要)

6月例会(456回) 

・日時:2018年6月21日 (木) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:湯上 良(ユガミ・リョウ)氏(学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻 助教)

略歴:東京外国語大学トルコ語専攻を卒業、(株)日本電気勤務の後、2002年よりヴェネツィア大学に入学。2005年度イタリア政府奨学金留学生、同大で学士号・修士号取得後、2015年にヴェネツィア共和国の税制と情報管理に関する博士論文で史学博士号を取得した。2015年から2018年3月まで国文学研究資料館でマレガ・プロジェクトに従事し、2018年4月より学習院大学助教を務める。訳書にM. インフェリーゼ『禁書』(2017年)、M. B. ベルティーニ『アーカイブとは何か』(2012年、ともに法政大学出版局)。

・演題:記録を守り、記憶を伝えるイタリア

 

概要:公文書改ざん、日報問題、消えた年金等、公文書管理法が制定されてもなお、日本ではさまざまな形で文書にまつわる問題が起こっています。「水に流す」という言葉がありますが、こうした事件が起きるのは、果たして日本が特殊な国だからなのでしょうか。イタリアは、さまざまな文化財の保護に力を入れていることが知られていますが、実は「文書」も「アーカイブズ財」と呼ばれ、文化財の一部として手厚く保護しているのです。イタリアは、隠れた「アーカイブズ大国」と言ってもいいかもしれません。かつて日本が学んだ他のヨーロッパ諸国の様子も交えながら、記録を守り、記憶を伝えることについてご一緒に考える時間がもてればと思います。(湯上)

 

イタリア研究会第456回例会が行われました。講師は学習院大学大学院アーカイブズ学専攻助教の湯上良さん、演題は「記録を守り、記憶を伝えるイタリア」です。昨今、公文書の改ざんが問題になっていますが、各都市に公文書館が整備されているイタリアの事情はどうなのか、たいへん地味な話題と言ってもよいと思いますが、おおぜいの聴衆が集まりました。

イタリアでは憲法によって「国にとって重要な歴史・芸術遺産や景観を保護する」と謳われており、そこには図書や文書も含まれています。しかし歴史的に文書保護が順調に経過してきているわけではありません。共和国成立で各地・各都市に保存されていた文書が中央に集められた結果、スペースの制約のために大量の文書が廃棄されたこともありました。また水害や地震で多くの文書が損害を受けたこともありました。現在はおよそ2州に1機関の割で文書・図書保護局が設置され、国防省警察には文化財保護専門部隊も作られています。

日本と一番大きく異なるのは文書管理の人材育成でしょう。イタリアでは18世紀末から文書の解読と管理を専門とするアーキビストが養成されてきました。1963年には「アーカイブズ法」が制定され、現在は全国17校の古文書学校でアーキビストが養成されています。公文書の保存と公開のシステムの構築には、文書を作成する官僚とアーキビストとの共同作業が必要です。日本でも国家資格を持った専門職としてのアーキビストの養成が望まれる所です。湯上さんは公文書の保存と公開は国民の権利であり、勝ち取らなければ得ることはできないという言葉で講演を終わりましたが、その通りだと思います。

講演後には多くの質問が出て、皆さんの関心の高さがよく分かりました。湯上さんありがとうございました。(橋都)

 

イタリアでの設計活動を通して(概要)

5月例会(455回) 

・日時:2018年5月22日 (火) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:渡邉 泰男氏(建築家)

略歴:1941年    東京生まれ

1966年       千葉大学工学部建築学科卒業

1966〜1970年  槙総合計画事務所勤務(東京)

1971年       イタリア政府給費留学生としてローマ大学に留学

1972〜1975年  ジャンカルロ・デ・カルロ事務所勤務(ミラノ)

1976〜1978年  東京理科大学工学部建築学科講師

1978年〜      イタリア人3人とペザロにINTERSTUDIOを共同設立

1994〜2005年  千葉大学工学部建築学科非常勤講師

1997〜2001年  「Italia in Giappone 2001」の専門委員会メンバー

1998年〜      フィレンツエのデル・ビアンコ財団の専門委員会メンバー

2006〜2013年  東北文化学園大学環境技術学科客員教授

主要作品

—在イタリア日本国大使公邸(イタリア・ローマ)

—健康科学大学(日本・河口湖)

—カトリック教会(イタリア・ウルビノ)

—在フランス日本国大使公邸改装(フランス・パリ)

—日本庭園(イタリア・トリノ)他多数

著書

—イタリアに於ける学校建築  (SD)

—イタリアに住み、創造する(Edizione De Luca)

—線を通しての日本建築の特質(Longo Editore)他多数

受賞歴

−1990 INARCH賞(INARCH= INSTITUTO NAZIONALE DI ARCHITETTURA)

—ペザロスポーツセンターに対するイタリア鉄鋼協会賞

・演題:イタリアでの設計活動を通して(Attraverso l’attività professionale in Italia)

 

概要:設計活動の中心舞台をイタリアに移してから、この半世紀の間、イタリアを含め多くの国で、種々のタイプの建築の設計に携わってきました。今まで手がけた数多くの作品の中から、それぞれに設計条件の異なる4つの代表的作品を選び、それらが建つ場所の歴史的背景、文脈、環境などを考慮しながら、その設計と建設のプロセスがどのように展開していったかをエピソードなども交えながらお話できればと思っています。 (渡邉)

 

イタリア研究会第455回例会が開かれました。

講師は50年以上にわたってイタリアで設計活動を行っておられる建築家の渡邊康男さん、演題名は「イタリアでの設計活動を通して」でした。

渡邊さんは千葉大学卒業後に槇文彦事務所に勤めましたが、広場や都市と有機的に結合しているイタリアの建築に強い関心を抱き、1971年にイタリア政府給費留学生としてローマ大学に留学しました。その時に師となるジャンカルロ・デ・カルロと出会い、卒業後は彼の事務所で働くことになりました。そこでウルビーノの街における歴史的街区を保存しながらの再開発に関わったのをきっかけに、さらにイタリアの街と建築とに深く魅了され、イタリア人の友人3人と設計事務所を立ち上げ現在に至っています。

渡邊さんは自分が関わった4つのプロジェクトを示しながら、イタリアで設計を行うとはどういう事かを話してくれました。1。マルケ州ノヴィラーラの歴史的街区にある家の改修。様々な規制のある中で、住みやすく美しい家を完成。2。ローマの在イタリア日本国大使公邸。古い家を日本政府が購入し、外観を守りながら大使公邸にふさわしい内装を設計。3。ウルビーノ郊外の教会。全く新しい教会をカトリックの典礼や街の景観との調和を考えながら設計、資金不足から着工25年後も建設が進行中。4。ペーザロのスポーツセンター。スポーツだけではなく、コンサートや政治集会も開かれる巨大建造物を、ホタテ貝をモチーフとした屋根に被われた形として景観規制とのせめぎあいの中で設計。渡邊さんは、最後にイタリアでは計画よりも遅れるのは日常茶飯事だが、技術力もある。建築家は何よりも常に歴史の中で自分が置かれた立場を意識しながら設計活動を行わなければならないことを強調されました。

渡邊さん、ありがとうございました。(橋都)

 

イタリア政治の行方(概要)

4月例会(454回) 

・日時:2018年4月11日 (水) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:福島良典氏(毎日新聞 オピニオングループ編集委員)

   略歴:1963年 埼玉県生まれ

1986年 早稲田大学第1文学部フランス文学科卒業

1986年 毎日新聞入社

1986~1995年 秋田・宇都宮支局、外信部、政治部

1995~1999年 エルサレム支局長

2001~2005年 パリ支局長

2008~2011年 ブリュッセル支局長

2012~2017年 ローマ支局長

2017年‐ オピニオングループ編集委員

・演題:イタリア政治の行方

 

   概要:3月4日のイタリア総選挙でポピュリスト勢力の「五つ星運動」や「同盟」が躍進しました。左右の伝統政党は振るわず、不安定な政治が続きそうです。トランプ米政権の誕生など他の欧米諸国で起きている出来事との共通点は? また、どこが違うのでしょうか。カトリック教会とイタリア政治の関係を交えてお話できればと思っています。(福島良典)

 

第454回イタリア研究会例会が開かれました。演題名は「イタリア政治の行方」、講師は毎日新聞オピニオングループ編集委員の福島良典さんで、ヨーロッパ各地の支局長を務めた後、2012年から2017年の間はローマ支局長を務めたイタリア通です。

ご存じのようにイタリアではレンツィ首相が憲法改正を目指して国民投票を行いましたが、それが否決され3月4日に総選挙が行われました。結果は上院・下院ともに議席が中道右派連合、五つ星運動、中道左派連合によって三分割されてしまい、組閣ができない状況に陥っています。福島さんはイタリアの政治に特徴的なのは中央と地方、聖と俗といった対立軸が憲著で、それが大きな影響を与えていること、共和国の成立においてパルチザンなど左派の力が強く働き、その影響がまだ残っていることを挙げました。そして近現代史においては日本と似た点が多く、日本人としてもイタリアの今後の政治の方向には目が離せないことを強調されました。

さてこれからイタリア政治がどこに向かうのか、まずはどのような形で組閣が行われるのかに注目が集まっています。可能性のあるシナリオはいくつもあるのですが、福島さんの読みでは、「五つ星」と「同盟」の連立、「五つ星」と中道左派の連立、かつてのモンティ政権のような実務者内閣、という3つの可能性があり、中でも前の二つの可能性が高く、「五つ星」が鍵を握っていると考えられるという事です。今後の組閣のキーパーソンはマッタレッラ大統領で、彼が近々各党とのネゴシエーションを行う予定になっており、まもなく組閣が行われるかもしれないと言うことです。各党の政策を見てみると、移民政策に関してはそれほど大きな違いが無く、EUに対する態度の違いが論点となっていることから、今後のイタリアの政局がヨーロッパ情勢にも大きな影響を与える可能性があるという事でした。

講演の後には多くの質問があり、「五つ星」を単なるポピュリスト政党として良いのか、という質問に関しては、ポピュリストと呼ばれている各国の政党にも大きな幅があり、「五つ星」は世界中で起こっている反既成政党、反国民国家という大きな流れの一つであり、人気取り政策だけを主張するという意味でのポピュリスト政党と考えるべきではないということでした。福島さん、分かりやすく面白いお話をありがとうございました。(橋都浩平)

 

 

お行儀作法のルネサンス(概要)

3月例会(453回) 

・日時:2018年3月23日 (金) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:栗原俊秀氏(翻訳家)

   略歴:1983年生まれ。翻訳家。京都大学大学院修士課程を終了後、イタリア留学。カラブリア文学部専門課程近代文献学コース卒業。2016年、カルミネ・アバーテ『偉大なる時のモザイク』(未知谷)の翻訳で、須賀敦子翻訳賞を受賞。

・演題:お行儀作法のルネサンス 

   概要:現代日本の書店には、お行儀作法について説くマニュアル本が数多く積まれています。じつは、この手の書物の源流を訪ねてみると、16世紀のイタリアにたどりつくのです。当時のヨーロッパの一大ベストセラー『宮廷人』を紹介しながら、ルネサンスのお行儀作法について考えてみたいと思います。

(栗原俊秀)

 

 

イタリア研究会第453回例会が開かれました。講師はイタリア研究会運営委員でもある翻訳家の栗原俊秀さん、演題名は「お行儀作法のルネサンス」です。

1528年に当時教皇庁マドリード駐在大使であったバルダッサッレ・カスティリオーネが書いた「宮廷人」が出版され、大ベストセラーとなりました。じつはそれまでにカスティリオーネは何年も掛けてこの作品の推敲を重ねており、そのためこの本の写本がイタリアのみならずヨーロッパ中に出回ってしまっていました。それに業を煮やした著者が出版に踏み切ったというのが本当のところのようです。

ラファエロの肖像画で有名なカスティリオーネはマントヴァ出身の当時有名な宮廷人・文化人・政治家でした。当時のイタリアは各地に都市国家がありそれぞれに宮廷が存在していましたが、そこで活躍する「完璧な宮廷人」はどうあるべきかを描いたのがこの本です。英語の“gentleman”の語源ともなった“gentiluomo”が身につけ、周囲から賞賛を受けるための立ち居振る舞いがどうあるべきかは、当時の国際的なヨーロッパ政界・社交界において、重大な関心事だったのです。

 

栗原さんはこの著書を読み解きながら、宮廷人らしさの基本は“grazia”にあり、そのためにはできる限りわざとらしさを避け、さりげなさをもって行動する事が重要だとされている事、そうした記述はオウィディウスを初めとした、古代作家の記述にも含まれており、カスティリオーネがそうした記述を引用しながら、古代作家の得意とした対話スタイルで記述している事を指摘しました。また重要なポイントとして、この本が当時イタリアの文化人の間で行われていた言語(国語)論争の影響を受けている事にも注意を喚起します。標準イタリア語が成立していなかった当時、どの言語を語りどの言語で記述するかは重大な問題だったのです。ヴェネツィア出身の有名な人文学者ピエトロ・ベンボが14世紀のトスカーナ古語を至上としたのに対して、カスティリオーネは現代トスカーナ語を使用する事の妥当性を主張したのです。その他にも、女性のお化粧の仕方に関しての、現代にも通じる記述や、明らかにこの本を意識していると思われる、宮廷人になりたがっている愚かな男を主人公とした当時の喜劇の話など、楽しいお話も満載でした。

この本がその後イタリアで読み継がれ続けたのかどうかという質問に対しては、イタリアでは古典として読まれ、むしろ他のヨーロッパにおいて実際の指南書としての価値を持ち続け、影響が大きかったという答えでした。栗原さん、興味深いお話をありがとうございました。(橋都 浩平) 

イタリアでかっぽれ(概要)

2月例会(452回) 

・日時:2018年2月19日 (月) 19:00-21:00

・場所:東京文化会館 4F大会議室

・講師:鈴木正文氏 (鈴乃家流かっぽれ家元 鈴乃家梅奴(すずのや うめやっこ))

   略歴:1943年、浅草生まれ。

イタリア 国立Perugia外国人大学 初等科卒業 国立Firenze大学経済学部観光経済学科卒業

イタリアより帰国後、即「イタリア政府観光局 東京支局」局長より入局を勧められる。広報、旅行代理店等担当。

学生時代に人形町の寄席「末広」で噺家が落語を終え、「それでは、踊りを披露いたします」といい、化粧や鬘など無い姿で端唄の「奴さん」「深川」などを踊るこの「間」、この「粋さ」に感動を覚える。かっぽれへの興味は母の稼業が浅草の花街で「料亭」でしてたので20歳ころからあったが、踊りを習い始めたのは25歳ころより。師匠は初代櫻川ぴん助。

現在は、弟子への指導、自主公演会開催、ボランティア出演など活動中。

・演題:イタリアでかっぽれ 

   概要:

1)かっぽれとは、発祥の謎

発祥の定説は大阪住吉大社の「住吉踊り」

これが江戸に来て、大道芸、歌舞伎にもなり、噺家や幇間が踊る。

2)私とイタリア

学生旅行でイタリアへ初めて行き、そこでイタリアが持つ観光資源の底力に驚愕。

イタリアの大学で「観光産業を大切にする国で習う観光学」を体験。

3)私とかっぽれ

母の稼業は浅草花街の料亭。我が家に芸者や幇間が出入り。

人形町にあった寄席の「末広」で噺家の口演後の「余芸としての端唄舞(はうたまい)ー深川、奴さんー」に。「これは粋だ!」と衝撃を受ける。

4)イタリアでかっぽれ

明るい性格を持つイタリア人に日本の伝統芸を紹介したかった。昨年の講演は「江戸時代、江戸文化」を強調。 

5)実演・かっぽれ  お楽しみ。

(鈴木正文) 

 

イタリア研究会第452回例会が開かれました。講師は鈴木正文さん、演題名は「イタリアでかっぽれ」です。この題名に「?」となった方も多いかもしれません。なぜこの2つが結びついたかについてから、講演は始まりました。

鈴木さんは学生時代の旅行でアルプスの北からヴェネツィアに出た時に、空の明るさと街の美しさとに生涯忘れられない感動を覚えて、イタリア留学を決意しました。ペルージア外国人大学を経てフィレンツェ大学の観光経済学科を卒業し、帰国後イタリア政府観光局に職を得ました。その後はマスコミや旅行代理店に同行して数え切れないほどイタリアに行っています。一方、鈴木さんのご実家は浅草の待合で、しょっちゅう芸者さんや幇間さんが出入りしており、お座敷芸が身近だったそうです。ある時、人形町の寄席で、噺家が落語の後に端唄舞の「奴さん」を踊るのを見て、その粋に魅せられて端唄舞のかっぽれを志すようになりました。当時の名人であった櫻川ぴん助師匠に弟子入りして修行を重ね、現在は鈴乃家かっぽれ家元鈴乃家梅奴となっています。

乗りの良いイタリア人にかっぽれが受け入れられるのではないかと考えた鈴木さんは、かっぽれを手がかりとして、現在の日本文化の源流となっている江戸文化を広めるために、イタリアで江戸文化の講演とかっぽれの公演を続けています。昨年はナポリ、シチリアのパレルモ、カルタジローネで公演を行い、大いに受けたそうです。また鈴木さんは、かっぽれの起源を求めて日本各地の関連する芸能を訪ね歩いています。かっぽれの起源は、大阪の住吉大社の豊年の舞であった住吉踊りにあり、それがお伊勢参りなどによって江戸に伝わり、他の芸能の影響も受けながら大道芸として定着しました。それがさらに歌舞伎や噺家に取り込まれて、現在のかっぽれとなっているようです。最後に鈴乃家梅奴師匠のかっぽれが披露されましたが、その着物姿の美しさと所作の粋とに聴衆は魅せられました。鈴木さん、面白いお話をありがとうございました。(橋都 浩平)